照明器具の通販・インテリア照明の通信販売【ライトスタイル】

照明器具・インテリア照明の通信販売【ライトスタイル】

ライトスタイルは照明器具の通信販売専門店。注目のデザイン、インテリア照明、取付方法もご紹介。
guest さん
品番・キーワード検索
照明器具の通信販売
ライトスタイル
TEL:0120-44-3374
info@lightstyle.jp
 


Googleサイト内検索
Yahoo!サイト内検索
照明器具の激安・格安通販サイト 照明倉庫 -LIGHTING DEPOT-
イギリスのテレグラフ紙で“How to create perfect kitchen lighting”と題したキッチン照明の作り方が掲載されています。記事はJohn Cullen lightingより。|ライトスタイルの照明コラム|ライトスタイル取扱商品の中から、これをこう使えばいい感じとか、この商品はこんなところが素晴らしい!とか、、照明フリーク目線で世の中の光にまつわるお話をしたいと思います。よろしくお願いいたします。 | 照明器具の通販・インテリア照明の通信販売【ライトスタイル】激安・格安価格にてご提供中!
商品合計金額が1万円以上で送料無料
(北海道内・沖縄本島は除く、沖縄本島周辺・離島については別途)
PRICE DOWN MAX 63%OFF

完璧なキッチン照明の作り方 イギリス編

2013/04/30 12:00:00  ダウンライト
完璧なキッチン照明の作り方 イギリス編


イギリスのテレグラフ紙で“How to create perfect kitchen lighting”と題した

キッチン照明の作り方が掲載されています。

記事はJohn Cullen lightingより。


いくつか抜粋すると下記のような内容です。


ダウンライトはグリッド上に配置するのではなく、

必要な位置に必要な明るさを得れるよう設計する。

LEDの場合、演色性90以上、色温度2700Kの光を使用すること。

棚や壁面を照射することで、省スペースでも奥行感が生まれ、

バウンド光で有効的な明るさを得ることができる。

アイランドキッチンの場合、足元に光を仕込むと浮遊しているような演出が可能。

などなど…


注目はLEDの演色性と色温度に言及している点です。

日本では、まだまだLED=電気代と寿命、という面でみられがちで

商品スペックにも演色性の表記がないものが多々ありますが

イギリスでは、食材がよりおいしく自然に見えるようにと演色性も重要視しているようです。


また、高度成長期から蛍光灯に慣れ浸しんでしまった日本の住環境では

白い光(5000K以上)を選びがちですが、

ここでも演色性と同様の理由でより低い色温度を重視しています。


パーティー文化も関係しているんでしょうね。


その他、演出方法を上げている点が、面白い。


しかも発行部数1位の新聞、テレグラフ紙に特集を組んで。


もちろんここ日本でも、LEDを選択する際は演色性90以上が理想的。



Ra92
2700K
Ra92
2700K
Ra92
2700K


お買い求めの際は今一度ご確認ください。


※演色性とは、一般的に自然光と白熱灯を基準(Ra100)として高いものほど良いとされる。
※色温度とは、光の色を表したもの。赤みの色は数値が低く、青白くなるほど高い値。





The Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/property/interiorsandshopping/10015253/How-to-design-kitchen-lighting.html

John Cullen lighting
http://www.johncullenlighting.co.uk/










照明ブログ一覧

コメント

コメントはありません
照明や光にまつわる情報を発信
ライトスタイルの照明コラム

カテゴリ
<<2013年04月>>
MonTueWebThuFriSatSun
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
最新エントリ
最新コメント
Copyright(C) 2009〜 LIGHT STYLE All rights reserved.